クリスマスローズ(ヘレボルス) ステルニー 種

種を採取してみようと思い花のいくつかにお茶パックをかぶせておいたうちの一つに種がはいってた。 残りのものはまだでてこないみたい。調べてみると種は殺菌して乾燥しないように保存しないといけないらしい。 種が全部採れてからのほうがいいのか採れた順にやったらいいのかどっちなんだろう とりあえず種をお茶パックにも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

玄関前 Before→After Part1

Afterはまだ未完成です。時間をかけて数年先には庭らしくなってるといいな~なんて思ったりする。 元々は植物なんて大嫌い。だって虫が寄ってくるじゃーんって思ってました。家の周りもぜーんぶコンクリートで埋めたかったくらい。夫はDIYで庭つくって家庭菜園して花壇つくって~なんて夢をみていたので「あたしは草1本すら抜かないからね!全部や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アネモネ

科目 キンポウゲ科アネモネ属 草丈 15~50cm 原産地 地中海沿岸 植物分類 耐寒性球根植物 開花時期 2~5月 日照 日当たりを好む 水 極端な乾燥を嫌う 耐暑性 無 耐寒性 強 増やし方 分球 注意点 冬の寒さに当てないと花が咲かない。高温多湿に弱く腐りやすいので掘り上げる場合は梅雨前に行う。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノースポール (クリサンセマム)

科目 キク科属 草丈  原産地 地中海沿岸 植物分類 一年草 開花時期 3~6月 日照 日当たりを好む 水 過湿に弱い 耐暑性 無 耐寒性 強 増やし方  注意点 花後に切り戻しを行うと再び花が咲く。過湿を嫌うので水をやりすぎない 2010年11月27日 ホーマックにて購入。その後放置で巨大化 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリムゾンクローバー(ストロベリートーチ)

科目 マメ科トリフォリウム属 草丈 15~40cm 原産地 ヨーロッパ南部 植物分類 耐寒性1年草 開花時期 4~6月 日照 日向を好む 水 やや乾燥した場所を好む 耐暑性 弱 耐寒性 強( 度) 増やし方  注意点 根瘤菌の働きで土壌に窒素を溜め、肥沃な土壌をつくる。 2010年11月16日 Flow…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トウガラシ

科目 ナス科トウガラシ属 草丈 40~60cm 原産地 メキシコ 植物分類  開花時期 7~9月 日照 日当たりを好む 水 乾燥に弱い 耐暑性  耐寒性  増やし方  注意点  4月29日 ホーマックにて2株購入。中辛らしい。南側に地植え。 5月上旬 芽かきというものをしたほうがいいということで1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファンクイーン

科目 ベンケイソウ科エケベリア属 草丈  原産地 汎太平洋諸島、熱帯アメリカ 植物分類 常緑多年草多肉植物 開花時期  日照 日当たりを好む 水  耐暑性 強 耐寒性 弱 ( 度) 増やし方 葉挿し、挿し木 注意点 葉に水がたまらないように根本に潅水する。初冬から晩春にかけて紅葉する 4月29日 ホーマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペペロミア オブッシフォリア

科目 コショウ科ペペロミア属 草丈 30cm 原産地 汎太平洋諸島、熱帯アメリカ 植物分類 非耐寒性常緑多年草 開花時期  日照 半日陰を好む 水 乾燥を好む。夏は葉水を与える。 耐暑性 強 耐寒性 弱 (10度) 増やし方 挿し木、水差し、葉挿し 注意点 直射日光に当てると葉焼けする。 4月23日 セ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スイートバジル (バジリコ)

科目 シソ科メボウキ属 草丈 60cm 原産地 アジアの熱帯地域 植物分類  開花時期 6~9月 日照 日向を好む 水 水を好む 耐暑性 強 耐寒性 無 増やし方 挿し木、種まき 注意点 花後、葉が硬くなり弱る。種をとるのでなければ花は咲かせなくてよい。 2010年12月9日 ペットエコ&ザガー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブライダルベール (タヒチアンブライダルベール ) 成長の仕方の違い

5月の上旬に100均で購入したブライダルベール。 屋内で育てていたものはこんな感じで上に向かって成長中。 屋外のものは地面を這うように横に向かってます。 匍匐性の植物らしいので横に育つのが普通なのかな でもぱっと見た感じでは屋内の鉢植えのほうが元気そうに見える。 植物にとってはどっちが快…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワイヤープランツ (ミューレンベッキア ) 

科目 タデ科ミューレンベッキア属 草丈 5cm 原産地 ニュージーランド 植物分類 半耐寒性匍匐性常緑低木 開花時期 3~7月 日照 日向~半日陰を好む 水 多湿を好む 耐暑性 強 耐寒性 強(-5度) 増やし方 挿し木、水挿し、株分け 注意点 温度が上がると生育旺盛になる。冬は葉を落とす。 4月23日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロベリア  チャームトランキルラベンダー

科目 キキョウ科ロベリア属 草丈 15cm 原産地 南アフリカ 植物分類 非耐寒性多年草 開花時期 3~7月 日照 日当たりを好む 水 多湿は苦手 耐暑性 強 耐寒性 強(0度) 増やし方 挿し木、株分け 注意点  4月29日 ホーマックにて2株購入。南側に地植え 花苗 ロベリア チャーム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ローズマリー(迷迭香) シッシングハースト 立性ブルー

科目 シソ科マンネンロウ属 草丈 2m 原産地 南ヨーロッパ 植物分類 常緑低木 開花時期 6~7月、11~3月 日照 日陰でも育つ 水 過湿を嫌う 耐暑性 強 耐寒性 強(-5度) 増やし方 挿し木、株分け 注意点  2010年 11月16日に産直花だん屋にて3株購入。南西に地植え。放置でメキメキ育…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホスタ (ギボウシ) フレグラントブーケ

科目 ユリ科ギボウシ属 草丈 20~30cm 原産地 南アフリカ 植物分類 夏緑性多年草 開花時期 6~8月 日照 半日陰を好むが日向でも適応 水 乾燥は苦手 耐暑性 中 耐寒性 強(-20度) 増やし方 株分け 注意点 真夏の直射日光で葉が焼ける場合がある。冬は地上部が枯れる。 5月15日 エンチョー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘリクリサム  ペティオラレ  挿し木

あまりのかわいらしさにすぐに増殖させたくなる。 ホームセンターに一度いくといらん苗まで買い込んでしまいそうなので我慢。 というわけで早速挿し木にチャレンジ。 根がつくといいな~ シルバーリーフが魅力♪ヘリクリサム・ペティオラレ・シルバー苗【花苗】ガーデニングshop岐阜緑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘリクリサム  ペティオラレ

科目 キク科ヘリクリサム属 草丈 30cm 原産地 南アフリカ 植物分類 半耐寒性常緑低木 開花時期 6~7月 日照 日向を好む 水 乾燥した環境を好む 耐暑性 強 耐寒性 強(0度) 増やし方 挿し木(4~5月) 注意点 高温多湿が苦手。地植えすると大きく育つ。 5月19日 ホーマックにて一目ぼれ購入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペチュニア  サフィニアブーケ ディープパープル 手入れ

花が減ってきたら切り戻しを行うといいという米屋のおじさんのアドバイスに従いチャレンジ。 不器用なせいかキレイなこんもりした球にならずにゆがんだ球になった。玄関前においていたのをベランダに移動。 切り戻しと同時に挿し芽にも挑戦。 いくつか根が出たものがあったので軒下の砂利を除けて植えてみたら花が咲いた。 元の鉢のほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペチュニア  サフィニアブーケ ディープパープル

科目 ナス科ペチュニア属 草丈 15~20cm 原産地 南アメリカのブラジル・パンパ(品種改良:日本) 植物分類 一年草 開花時期 4~10月 日照 日向(半日以上直射日光) 水  耐暑性 強 耐寒性  増やし方  注意点 風通しに注意 サントリーフラワーズと京成バラ園芸共同開発した品種。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

姫南天 成長

いつまでたっても葉の一部が赤いままで枯れかけてるのかと心配してたのだけど、ひっそりと花芽をつけてた。 どんな花が咲くのか楽しみ。 冬に実をつけるイメージがあったので花の咲く時期早すぎ?と思って調べてみたら6~7月が開花時期らしい。意外とはやいのね。 苗:姫南天遊恵盆栽 楽天市場店 商品情報 樹種:姫南天撮影日:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒメイワダレソウ (リッピア) 成長

一時ヨレヨレのシワシワになってしまいほぼ丸刈りに近い状態になったヒメイワダレソウ。 敷石の間だったり通路だったり環境がいいとはいえない場所にあるにもかかわらず復活してきた。 花も咲いてこれからどこでも蔓延るというヒメイワダレソウの本領を発揮してくれるのかな 怖いような楽しみなような{%クローバー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more